ホジュン 宮廷医官への道 全65話最終回まで無料視聴!動画配信サイト一覧 | 海外ドラマ女子会

ホジュン~宮廷医官への道~ | 海外ドラマ女子会

ホジュン~宮廷医官への道~

ホジュン~宮廷医官への道~のドラマ概要

1999年から2000年にかけて、韓国で放送された医療ヒューマンドラマ「ホジュン~宮廷医官への道~」。全64話で構成されている長編時代劇作品だ。
日本で韓流ブームを巻き起こした「宮廷女官チャングムの誓い」や「イ・サン」を手掛けたイ・ビョンフン監督の初期作品として知られている。
平均視聴率47.1%、最高視聴率65.6%と韓国国民の半数が視聴する大ヒット作となった本作で、イ・ビョンフンは時代劇の巨匠と呼ばれるようになった。
朝鮮王朝時代に実在した医師ホジュンの波乱に満ちた人生をチョン・グァンリョル主演で描いている。
数々のヒットドラマを生み出したチェ・ワンギュが本作の脚本を担当。チェ・ワンギュは2013年にも本作のリメイク版でホジュンの半生を描いたドラマを発表している。
本作を視聴して気に入った人は2013年のリメイク版「ホジュン~伝説の心医~」も合わせて視聴してみると面白い。
本記事では「ホジュン~宮廷医官への道~」のネタバレあらすじ、キャスト情報や人物相関図をご紹介している。
現在、「ホジュン~宮廷医官への道~」は動画配信サービスでの取り扱いがない。日本での放送予定も今のところないので、視聴したい人はdvdをレンタルするか、購入するしかなさそうだ。

ホジュン~宮廷医官への道~の予告/無料動画を今すぐ視聴

ホジュン~宮廷医官への道~のあらすじ

武官の父と、その愛人の子供として生まれたホジュン。頭が良く、武術にも優れ、度胸もあったが、母の身分が低いため官職につくことができない。

次第に酒や女に溺れるようになり、犯罪行為にも手を染める自堕落な生活を送るようになった。

しかし、そんなホジュンに転機が訪れる。ダヒという娘に恋心を持ったのだ。ダヒは両班の生まれだったが、父親が反逆者の汚名を着せられ、追われる身になっていた。

ホジュンは何とかダヒと父親を助けてやろうとするが、失敗して捕らえられてしまう。厳しい裁きが下される可能性があったが、武官の父に助けられ軽い罰ですむ。

ホジュンは母やダヒたちと共に故郷・龍川から出て、山陰に引っ越すことにする。

旅の途中でダヒの父の汚名が晴れたことで、彼女は両班の地位を回復してもらうことができた。

ホジュンは庶民の自分とダヒの恋が実る可能性はないと諦め、彼女と別れて山陰を目指すことを決める。

長旅の末、ようやくたどりついた山陰でホジュンは名医ユ・ウィテと出会う。ウィテの医療に対する信念に感動したホジュンは医師になりたいと強く思うようになっていった。

ウィテに弟子入りを許されたホジュンだったが、下積みのつらい仕事に加え、身分が低いことから同僚たちに嫌がらせを受ける。

そんなある日、ホジュンはダヒと再会する。ダヒが追いかけてきた事知ったホジュンは身分の壁を乗り越えて彼女と結婚することを決めた。

それから、ホジュンはウィテのような立派な医師になるために、一層医術の道に打ち込みはじめる。

ホジュン~宮廷医官への道~の見どころ/口コミ/評価

韓国では漢方医学ブームが巻き起こるほど強い反響があった「ホジュン~宮廷医官への道~」。医療ドラマや時代劇好きなら気に入ること間違いなしの傑作作品です。

感情豊かで人間味あふれるホジュン役を当時は無名に近かったチョン・グァンリョルが見事に演じきっています。

チョン・グァンリョルは本作の熱演が高く評価され、2000年のMBC演技大賞も受賞しました。

イ・ビョンフンは同じ俳優を繰り返し起用する監督なので、チョン・グァンリョルは他のビョンフン作品でも見ることができます。

最近では、イ・ビョンフン監督の最新作「オクニョ 運命の女」で主人公の師匠として登場したパク・テス役のイメージが強いでしょう。

2013年には本作のリメイク版である「ホジュン~伝説の心医~」も制作されています。

脚本家は本作と同じチェ・ワンギュ。そしてイ・ビョンフンの元でドラマ制作を学んだキム・グンホンが演出家を担当しています。

リメイク版はホジュンの幼少時代と新しい登場人物が少し加わっただけで、ほとんど変わらない内容です。

ただ、キャストが全く違うので本作と少し違ったホジュンと仲間たちを楽しむことができます。

リメイク版は前作のファンも納得させる仕上がりと感想が寄せられているので、本作と合わせて視聴してみても面白いかもしれません。

低い身分から努力と人柄で様々な試練を乗り越え、宮廷医官にまで上り詰めたホジュンは韓国歴史上もっとも国民に愛される実在した人物といえるでしょう。

最終回では身分が回復しても、貧しい人たちのために医師として尽くすホジュンの姿が感動的に描かれています。

ホジュン~宮廷医官への道~の登場人物相関図

出典元:https://www.bsfuji.tv/hojun/chart.html

ホジュン~宮廷医官への道~のキャスト

  • ホジュン
    チョン・グァンリョル
  • イェジン
    ファン・スジョン
  • イ・ダヒ
    ホン・チュンミン
  • ユ・ウィテ
    イ・スンジェ
  • ユ・ドジ
    キム・ビョンセ
  • イム・オグン
    イム・ヒョンシク
  • ホ・リュン
    チュ・ヒョン
  • ソン氏
    チョン・ヘソン
  • ホ・ギョム
    オ・テギョン
  • ク・イルソ
    イ・ヒド
  • ハマン
    キム・ヘスク
  • ヤンテ
    イム・デホ

ホジュン~宮廷医官への道~の全シーズンの「あらすじ」まとめ

  • ホジュン~宮廷医官への道~シーズン1全64話完結・最終回の結末ネタバレとあらすじ
    王様が亡くなったことで主治医として責任を問われたホジュンは流刑処分を言い渡される。

    ホジュンは人里離れた粗末な家に1人でひっそりと暮らすことになった。

    ある日、ホジュンが元医官だったと知った村人が病気の母を連れて訪ねてくる。

    ホジュンは罪人の身分だからと断るが、結局、病人を見捨てることができず治療を施した。

    すると医師がいるという話を聞きつけた村人が、次々とホジュンを訪ねてくるようになった。

    その頃、宮廷の内医院ではホジュンが書きかけた医学書を完成させようと同僚たちが奮闘する。

    しかし、ホジュンの才能があっての医学書だったため、思うように作業ははかどらなかった。

    しかたなく、ホジュン本人に完成させてもらおうと流刑地に医学書を送ることにする。

    ホジュンは同僚たちの助けを受けながら、念願だった東医宝鑑をようやく完成させることができるのであった。

ホジュン~宮廷医官への道~を見るなら…

    海外ドラマバナー

    日テレドラマ