おすすめ海外ドラマ検索 | 海外ドラマ女子会
       

おすすめ海外ドラマ検索 | 海外ドラマ女子会

視聴したい海外ドラマ名や俳優名、ドラマジャンルやタグを選んで検索してみてね!

『全24ジャンル別の海外ドラマ人気ランキング特集』はこちらからどうぞ。

おすすめ海外ドラマ検索

検索結果31作品

大丈夫、愛だ

チェスは腕のいい精神科医として同僚からの信頼も厚い人物だった。

だが、過去に経験したトラウマから異性と関係を持つことができない「恋愛恐怖症」という精神的な病気を抱えている。
一方、人気推理小説家としてラジオ DJ を担当するなど、マルチな活躍をみせるチャン・ジェヨル。

誕生日のお祝いパーティーには大勢の人が集まる人気者だったが、突然現れた実兄チャン・ジェボムによって刺されてしまう。

それでも、ジェヨルは兄・ジェボムが捕まらないようにかばうが、裁判では実刑判決がくだってしまった。

ある日、ヘスは同僚からテレビに出演して犯罪心理学について語ってほしいと頼まれる。

その番組は推理小説家のジェヨルとの対談形式で行われることになっていた。

当日の収録現場ではジェヨルの知り合いで作家志望の男子高校生ハン・ガウンも駆けつけて見守る。

テレビ収録が始まると、犯罪心理学について考え方が違うヘスとジェヨルは激しく議論を交わす。

ヘスは横暴な態度のジェヨルに対し嫌悪感を抱いたが、逆にジェヨルはヘスに強い興味を持つ。

それから2年後、ヘスとジェヨルは偶然の再会を果たす。

ヘスは話しかけてくるジェヨルを無視していたが、そこに1人の男がやってきて突然ヘスを襲う。

ジェヨルはヘスを助けようと男を殴り倒すが、ヘスに自分の患者であることを伝えられ静止させられる。

男を無事に保護することができたヘスとジェヨルだったが、互いに負傷をしていることに気づく。

ヘスはジェヨルの手当てをはじめるが、自身のケガも酷く、途中で気絶してしまう。

ジェヨルはヘスを病院に運ぼうとするが、その時、突然ジェヨルも気絶してしまうのだった。

屋根部屋のプリンス

朝鮮王朝時代、王宮では世子妃のファヨンが池の中で死体となって発見される事件が発生する。

家臣たちは世子妃が足を滑らせて池に落ちた事故と説明するが、世子イ・ガクはその報告に疑問を感じていた。

そこで愛するファヨンの死の真相を解明しようとイ・ガクは3人の家臣を連れて捜査を開始する。

しかし、世子妃の捜査を快く思わない何者かが、イ・ガクたちの元に刺客を送り込む。

刺客に追われたイ・ガクたちは馬で崖を飛び越えようとするが…。

イ・ガクたちの時代から300年後。

大会社の御曹司ヨン・テヨンはニューヨークで自由気ままに絵を描いて生活をしていた。

会社を継ぐ気がないテヨンを説得するために従兄弟のヨン・テムがやってくるが、ヨットの上で口論となりテヨンが海に落ちてしまう。

だが、ヨン・テムはテヨンを探そうとはせず、そのまま見捨ててソウルへと帰国するのだった。

子供の頃、父の再婚相手の連れ子であった義姉に置き去りにされ、行方不明となったパク・ハ。

アメリカに養子に出されるが、そこでたくましい大人の女性へと成長し、韓国に戻ってきた。

仕事を終えてソウルにある自宅に帰宅するパク・ハだったが、家の屋根裏部屋に知らない男たちが時代劇の衣装を着て座っているのを見つける。

300年前、崖を飛び越えたイ・ガクたちは何故がパク・ハの屋根裏部屋にタイムスリップしてしまったのだ。

彼女はキレイだった

ヘジンは裕福な家のお嬢様でクラスメイトからも憧れられる美少女だった。一方で同じ学校に通うチ・ソンジュンは、肥満体でメガネをかけた冴えない容姿のせいでクラスメイトからイジメられてしまう。それを見たヘジンはいじめっ子を追い払い、ソンジュンを助けてあげた。ヘジンは美少女なだけでなく、正義感も強い女の子だったのだ。それから2人は共に過ごすことが多くなり、親友になっていく。そして互いに淡い恋心を持つようになった。

しかし、ソンジュンは父の仕事の都合で引っ越すことになる。離れがたいヘジンとソンジュンは大人になって再会することを約束して別れる。それから15年経ち、ヘジンは天然パーマにそばかす顔でオシャレにも気を使わない残念女子に成長する。そこにソンジュンからメールが入り、2人は15年ぶりに会う約束をした。初恋の相手に再会できることを喜ぶヘジン。

しかし、待ち合わせ場所にやってきたソンジュンは昔の面影がなく、スタイリッシュでイケメンに成長していた。ヘジンはソンジュンに先に気づくが言葉をかけることができない。しかたなく、ヘジンは親友で美女のハリに代役をお願いすることにした。ハリは1回だけという約束で、ヘジンとしてソンジュンと会う。すっかりハリをヘジンと思い込んだソンジュンは喜んで彼女を抱きしめた。

就職活動をしていたヘジンはファッション雑誌「ザ・モスト」にインターンとして雇ってもらえることになる。ようやく決まった仕事に張り切るヘジンだったが、「ザ・モスト」の副編集長はなんとソンジュンだった。動揺が隠せずミスを連発するヘジンに、ソンジュンは強く当たり、2人は険悪な雰囲気になる。ソンジュンは初恋の相手と同姓同名で残念な容姿のヘジンを疎ましく思っていた。一方で、ハリは1度だけの約束で代役を引き受けたが、ソンジュンの人柄に惹かれて何度もデートするようになっていた。

私の名前はキム・サムスン

ぽっちゃり体型のキム・サムスンはパティシエとして働いていたお店をクビになってしまう。

追い打ちをかけるように3年間も付き合った彼氏にクリスマスイブに突然別れを告げられる。

ショックを受けたサムスンはトイレに駆け込み泣き始めるが、そこは女子トイレではなく男子トイレだった。

入ってきた見知らぬ男は泣いているサムスンを「おばさん」と呼び、さらに傷つくはめになる。

サムスンは気分を変えるために結婚相談所に行くが、そこでも太めであることを理由にひどい扱いを受け、仕事の面接に行ったホテルのレストランではトイレであった失礼な男と再会してしまう。

失礼な男ジノンはそのホテルレストラン「ボナペティ」の社長だったのだ。

丁度パティシエを探していたジノンはサムスンの腕を買い、彼女を雇い入れることにする。

正直気が進まないサムスンだったが、自分の店を出す資金のために我慢して働くことにした。

その頃、亡くなった父に借金があったことが分かり、自宅を借金の抵当に取らそうになる。

ジノンは母親からしつこく勧められるお見合いを断るために、サムスンと付き合っていると嘘をつく。

そして、ジノンはお金が必要なサムスンに5千万ウォン支払い、恋人のふりをしてもらう契約を持ちかける。

大嫌いな男ジノンとの恋人契約に気が進まないサムスンだったが、借金の返済のために仕方なく承諾した。
海外ドラマ 人気ランキング