おすすめ海外ドラマ検索 | 海外ドラマ女子会
       

おすすめ海外ドラマ検索 | 海外ドラマ女子会

視聴したい海外ドラマ名や俳優名、ドラマジャンルやタグを選んで検索してみてね!

『全24ジャンル別の海外ドラマ人気ランキング特集』はこちらからどうぞ。

おすすめ海外ドラマ検索

検索結果19作品

ホジュン~宮廷医官への道~

武官の父と、その愛人の子供として生まれたホジュン。頭が良く、武術にも優れ、度胸もあったが、母の身分が低いため官職につくことができない。

次第に酒や女に溺れるようになり、犯罪行為にも手を染める自堕落な生活を送るようになった。

しかし、そんなホジュンに転機が訪れる。ダヒという娘に恋心を持ったのだ。ダヒは両班の生まれだったが、父親が反逆者の汚名を着せられ、追われる身になっていた。

ホジュンは何とかダヒと父親を助けてやろうとするが、失敗して捕らえられてしまう。厳しい裁きが下される可能性があったが、武官の父に助けられ軽い罰ですむ。

ホジュンは母やダヒたちと共に故郷・龍川から出て、山陰に引っ越すことにする。

旅の途中でダヒの父の汚名が晴れたことで、彼女は両班の地位を回復してもらうことができた。

ホジュンは庶民の自分とダヒの恋が実る可能性はないと諦め、彼女と別れて山陰を目指すことを決める。

長旅の末、ようやくたどりついた山陰でホジュンは名医ユ・ウィテと出会う。ウィテの医療に対する信念に感動したホジュンは医師になりたいと強く思うようになっていった。

ウィテに弟子入りを許されたホジュンだったが、下積みのつらい仕事に加え、身分が低いことから同僚たちに嫌がらせを受ける。

そんなある日、ホジュンはダヒと再会する。ダヒが追いかけてきた事知ったホジュンは身分の壁を乗り越えて彼女と結婚することを決めた。

それから、ホジュンはウィテのような立派な医師になるために、一層医術の道に打ち込みはじめる。

宮廷女官チャングムの誓い

高慢と偏見

18世紀のイギリスでは男が家督を継ぐという法律があり、一家の男子が亡くなると妻や娘でも女は家督相続人にはなれず、親戚縁者を探して一番血の濃い男性に継いでもらうという決まりがあった。

ベネット家では女姉妹5人という女系家族のため、父親のベネット氏が死んでしまった場合、家も土地も従兄弟に渡ってしまうことに。そのため、母親のベネット夫人は娘に婿をとって家を継いでもらおうと焦りを見せていた。

そんな中、独身で資産家のミスター・ビングリーが町に越してくる。ベネット夫人は5人姉妹をビングリーに会わせようと、舞踏会を開くことにする。5人姉妹の長女ジェーンとビングリーが良い関係になっている一方で、ビングリーの友人であるミスター・ダーシーはエリザベスに対して高慢な態度で話しかけ、反感をかってしまう。

本当のところダーシーは、知性溢れるエリザベスに惹かれていたのだが、高いプライドが邪魔をして打ち明けられず、心とは反対の言葉が出てしまうのだった。

そうこうしているうちに、ベネット家の財産相続権のある青年士官のウィカムや、遠縁のコリンズ牧師などが現れる。エリザベスをコリンズ牧師と結婚させようとするベネット夫人だったが、エリザベスは拒否。

更に、親密になっていたビングリーとジェーンだったが、ビングリーは突然ロンドンへ帰ってしまうのだった。その後、資産家のキャサリン夫人の元を訪ねたエリザベスは、ダーシーと再会するのだが、ビングリーをロンドンへ帰したのがダーシーだとわかり、増々ダーシーのことを嫌いになる。

その後ダーシーから手紙をもらったエリザベス。そこには誤解や偏見で隠れていた真実の内容が書かれていたのだった…
海外ドラマ 人気ランキング